このブログを検索

2018年2月2日金曜日

2018 ITALY MBE TOUR DAY 4TH


イタリアツアー4日目、2017年1月19日(金)の
模様をリポートさせていただきます。

MBEとしては開催2日目だったこの日は、当然の事な
がら初日の木曜日に比べると、沢山のお客さんで賑わっ
てました。
そんなこの日は、まず開場早々の朝9時に、1号館へと
出向き、モンスター・エナジーのスポンサーを受けてい
るハード・ナイン・チョッパーズのダニーのバイクに、
Mr.Gがまた仕事をして欲しいと依頼されていたため、
彼と二人で、ダニーのいるモンスター・エナジーのブース
へと向かったのでした。




















モンスター・エナジーのブースにあったバー。
ここで、モンスター・エナジーを使った、カクテルなど
を飲む事が出来ます。





















ブースの上にある、レストスペース。
これだけのスペースが2階にあると、すごくいいですよ
ね。




















ブースの上から見ると、こんな風景を観る事が出来ます。

ここで、問題が発生・・・。
なんと、前日のパーティー開場に展示されていた、ダニ
ーのバイクが、この時点でまだブースに戻って来てなか
ったのです。

なので、仕方なくしばらくダニーのブースで談笑し、バイ
クが戻って来るまで待ちました。




















その間に、ダニー、彼女のノエル、ダニーの専属カメラ
マンのティノたちと記念撮影。




















バイクが帰って来るまで、これから付けるパーツを仕上
げて欲しいという事で、フェンダーの仕事から始めてい
たMr.G。






















そんなMr.Gが、この日仕上げていた仕事がこちら。
すべてカーボンファイバー製のものでした。

その後バイクが帰って来たのですが、ダニーはこの後す
ぐにカスタム・クロームという、ハーレーのパーツメー
カーのブースにて、彼が仕上げたバイクのお披露目があ
るというので、そちらにも同行させてもらいました。




















このベールがかけられているのが、ダニーがカスタムし
たハーレーです。




















ほどなくして、ビルダーのダニーが紹介されました。







































ベールが取り払われ、バイクの登場。
スモークもたかれ、演出も凝ってました。




















バイクに関して、説明するダニー。

元々はガレージ・ビルダーだった彼が、こんな素晴らし
い仕事をしていて、そのお披露目の場に立ち会えるなん
て感動しました。
ダニーおめでとう!
















ブースに戻ると、Mr.Gがすでにフェアリング(風防)
のピンストライプをドロウしてました。
















Mr.Gの妙技に見とれるダニー。
ダニーは、こんなに有名になる前から、完全にMr.G
推しでして、過去にはヘルメットやタンク、フェンダーな
どをスイスから福岡まで空輸便で送ってまでしてでも、
Mr.Gに描いてもらいたいと言って、パーツを送って
くれていたのです。

そんなMr.Gとダニーの2ショットが、ここイタリア
でまた実現していた光景を見て、ワタシもすごく嬉しか
ったです。





















この日のランチは、ダニーのブースのすぐ脇に出店され
ていた、スピアナータという、平らなパンにハムやチー
ズをはさんだ、ピザサンドイッチみたいな食べ物をいた
だきました。
このケースに入っているのを注文すると、鉄板であたた
めてくれて、両面ともにいい感じで火が通っていて、熱
々でめっちゃ美味しかったです。

その後は、ワタシもMr.Gもブースに戻りました。





















ワタシたちのブース、70S HELMETの中央に飾
られていた、今回のこのMBEに合わせて作られた、最
新のバイク。
ワタシが写真を撮っていると、台湾のジェフリーがまた
がり、キメ顔で「ほら、撮りなよ」みたいな顔をするの
で、渋々一枚撮りました(笑)
彼はほんとこういうところが、お茶目なところで、憎め
ません。




















そんなジェフリーも、ひとたび自分のブースに戻って仕
事を始めると、沢山のお客さんたちから注目を浴びてい
て、彼らのブースは常に人だかりが出来ていました。
大したものです。




















逆に、Mr.Gの仕事っぷりに、目が釘付けなジェフリ
ーとオーディーンたち。

台湾の彼らにとって、日本のMr.Gやマコトたちと、
4日間も一緒のブースで時間を共有するというのは、と
ても有意義な事なんだろうなと感じました。

やはりどうしてもイベントというのは、せいぜい2日が
いいところですから、なかなかお互いバタバタしていて
ゆっくり話をしたり、お互いの仕事をこうして見合った
りというのは、あるようで無いんですよね。
でも、さすがに4日間も時間があれば、お互いリラック
スする時間がありますから、それは情報交換をしたり、
刺激をし合うという点では、いい機会なんだろうなと思
いました。

今回こういった機会を設けてくれた、70S HELM
ETのファブリジオには、本当に感謝です。




















この日もまた、アメリカ人フォトグラファーのマイケル
が、アレッシオのバイクを撮影しに、ブースに来てまし
た。




















こちらが、ワタシたちのブースのすぐ近くにあった、マ
イケルの写真を展示販売していたブースです。




















彼らは、ハード・ナイン・チョッパーズのダニーの親友
たちです。
彼らスイスの友人たちとも、このイタリアで再会出来て、
とても嬉しかったです。

さてここからは、ランダムに会場の写真をご紹介させて
いただきます。





















イタリアのレジェンドアーティストといえば、この人!
ブラスターです。毎年ヨコハマのホットロッド・カスタ
ム・ショーにも来て、ブースを出しているので、ご存じ
の方もいるかと思います。
色使いがとてもキレイで、個性的で、個人的には大好き
なアーティストです。




















こちらもイタリアのZEUS=ゼウスというアーティス
トで、ちょっとクラッシックなキャラクターを、マット
に仕上げていたのが特徴的なアーティストでした。




























最後の写真は、VWタイプ2の上でDJがご機嫌な音楽
をかけていた時のものです。

そして、ショーの後半にダニーのブースにて、Mr.Gと
こんな写真を撮ってもらいました。



























ダニーのバイクが最初からウィリーしている状態になっ
ていて、それによじ登って写真が撮れるというディスプ
レイだったので、せっかくなので撮ってもらいました。

このように、MBE2日目の金曜日も午後7時まで営業
し、楽しく過ごしました。
そして、この日はショーの後に、70S HELMET
のショップにて、ワタシたちゲストのためにBBQを開
催してくれるという事で、ショーの後みんなで70S
HELMETに向かったのです。

以下、70S HELMETの店内写真です。











































































このように、めちゃくちゃカッコイイショップでした。

楽しい時間はあっという間に過ぎ去るもので、BBQは
午前0時頃まで続き、その後みんな帰路に着きました。

今日も1日、お疲れ様でした。