このブログを検索

2018年1月29日月曜日

2018 ITALY MBE TOUR DAY 2ND


本日は、イタリアツアーの2日目、MOTOR BIKE
EXPOとしては搬入日だった日の事について、リポー
トをしたいと思います。

朝10時にホテルを出たワタシたちは、一路翌日から始
まるMBEの会場に向かいました。
会場に着くと、ワタシたちを招待してくれた、70’S
HELMET=セブンティーズ・ヘルメット(以下
70’Sヘルメット)のオーナーファブリジオが、すでに
ブースの設営をおこなっていて、出迎えてくれました。




















早速ファブリジオと会場で、記念撮影。
左からマコト、Mr.G、ファブリジオ、ジェットレン
チです。

ファブリジオの70’Sヘルメットは、名前の通りメタル
フレイクやキャンディペイントを多用した、70年代に
発売されていたギラギラがKOOLな、カスタムヘルメ
ットを生産、販売しているメーカーで、ヨーロッパを中
心に各国で人気の高いヘルメットとして有名なのです。
そんなファブリジオが今回、自身の70’Sヘルメットの
ブースにて、THE ART OF KUSTOM=ザ
・アート・オブ・カスタムというネーミングで、日本、
台湾、タイといった、東南アジアのアーティストたちを
集め、各アーティストたちにヘルメットをカスタム・ペ
イントを(事前に)させたり、ショー開催期間中は彼ら
のブースにてアートパフォーマンスをおこなってもらっ
たりするという企画で、ワタシたちを招待してくれたの
です。
















今回の企画名、THE ART OF KUSTOMと
いう文字が大々的に描かれていた、ブースの壁。

このTHE ART OF KUSTOMのテーマで、
MBEの開催期間中の4日間、ワタシたちは70’Sヘル
メットのブースにて、来場したお客さんたちと交流をし
たり、パフォーマンスを披露するというのが、使命でし
た。

会場に着いて挨拶をした後は、早速自分たちのブースの
設営に取りかかりました。
















左からMr.G、マコト、ジェットレンチといった順番
で、ブースを並べさせていただきました。




















ワタシも、午後になってからですが、自分のブースを準
備し、日本から持って来た家内CYNARのオリジナル
アートピースも、ディスプレイしました。
なんせCYNARは、イタリアのお酒の名前から取って
ますからね。イタリアの人にも、CYNARの存在を知
って欲しいと思い、これらの作品を持参して来ました。

MBEの会場は搬入日だったので、営業している飲食店
はほとんど無かったのですが、それでもブースのすぐ近
くにハムを中心としたサンドイッチ屋さんが出ていたの
で、ランチにハムの盛り合わせを食べてみました。




















どうですか、このボリューム!
まさにハム祭り!
イタリアっぽいっていうか、ヨーロッパぽいよな〜、と
思いました。
日本のイベント会場で、なかなかこんなハムの盛り合わ
せを出している飲食店って、ないですよね〜・・・(笑)
色々な種類のハムがあって、美味しかったです。






































ブースの準備も早々に終わってしまい、ランチも食べた
ので、ちょっと会場周辺を散歩がてら散策してみました。

そしたら、こんなカーゴトレーラーを発見!
カーゴトレーラーもクルマと一緒で、国によってデザイ
ンが色々違うんですよね〜。
このトレーラーなんかは、いかにもヨーロッパっぽいデ
ザインだな〜って思って、でもまあまあコンパクトだか
らいいな〜と思って、写真を撮って来ました。

そうこうしてる内に、会場を後にする時間となり、ワタ
シたちはファブリジオの友人がやっているという、リゾ
ットが有名で美味しいレストランに連れて行ってもらい
ました。




















お店の名前は、ANTICO LABORATORIO
DEL RISOTTOというお店で、なんでも建物は
数百年前の修道院を使っているそうなのです。

ワタシたちが着いたのは夜だったので、外観は暗くてわ
かりませんでしたが、ネットでこのお店の事を検索した
ら沢山画像が出て来たので、外観がわかるネットのひろ
い画像を掲載してみます。
















こちらが、ネットのひろい画像。外観はこんな感じです。














そしてもう一枚、ひろい画像。
こちらは、内観の写真。

そして、美味しかったリゾットは3種類ありました。




















ここからは、ひろい画像ではありません。
最初に出て来たこのリゾットは、この地方で作られてる
アマローネというワインで作られたリゾットでした。




















そして2番目は、かぼちゃのリゾット。その上には、ト
リュフがのってました。




















そして最後は、豚肉のリゾット。

どれも個性的で、現地でしか味わえない美味しいお味で
した。

また前後してしまいますが、前菜もこんな感じです。





















はい。ランチにも食べた、ハムたちです。

そんな楽しいディナーの時間は、ファブリジオの友人な
ども含めて30名ぐらいはいたのではないでしょうか?




















とりあえず、自分たちの範囲のグループショットがこち
ら。

ちなみにこちらのレストランのオーナーは、元々ピンス
トライパーだったそうで・・・




















おもてのこの看板や・・・




















店内のこの看板なども、自身で描かれたのだそうです。

このように、イタリアの有名なリゾット・レストランで
もカスタム・カルチャーの雰囲気を感じる事が出来、な
おかつ美味しいリゾットをいただき、おなかいっぱいに
なったワタシたちは、一路ホテルに戻りました。

さあ、明日からはいよいよ、MBEの初日です。